セオリーを逆手にとる

セオリーを逆手にとる!

麻雀にセオリーがあるのなら、そのセオリーを逆手にとった
作戦も出てきます。

 

例えばセオリー通りに打った河と、あえて切り順を一般的な
セオリーとは違う順序で切った河とではあきらかに様相が違い
ます。

 

 

通常のピンフ手なら AABDとあれば三色などを狙わない
限りDから切られるワケです。

 

捨て牌はDAの順となって@-Cのスジが危険となるのですが、
ここであえてAから先に切ってからDと切ると手の内を読もう
とするとACDDかな?と考えてB-Eのスジが危険と考えて
@は大丈夫だろうとなるワケです。

 

でも実際は@が当たりなワケなんです。

 

このようにちょっとセオリーとやらの逆の順番にするだけで
当たりを引き出せたりします。

 

というかそもそもDAの順できられたから@−Cという確立
もあまり高くはないわけなんです。

 

 

なにが言いたいのかと言いますと、捨て牌からは相手の手の内
など読めはしないだろうという事です。

 

 

勿論、読める時もあるでしょう。

 

しかし、たまに読めるレベルでは実践ではあまり意味がなく、
それならば最初から読まない方が余計な労力を使わずに済む
と思います。

 

 

とはいえ、読む事に楽しさを感じている人もいますので
それは人それぞれとしか言えませんね。

 

 

多くの人は麻雀で稼ごうとしているワケですから、一般的に
言われている麻雀のセオリーにとらわれない方が痛い目に
会わずに済みそうです。


inserted by FC2 system